在宅ワークでDTPデザイナー!

在宅ワーク資格DTP1

DTPデザイナーとはパソコンを使って印刷物や出版物のデザインを手がける専門職のことです。もともとはDTPオペレーターといったような名前も使われていましたが、現在ではDTPデザイナーという名前の方が一般的なものになりました。

 

イラストレーター

 

フォトショップ

 

といったような専門ソフトを操ってクライアントのイメージに沿った雑誌、チラシ、ポスターを作って納品するまでが主な業務とされています。会社に勤めてある程度の経験を積んだ場合や、フリーランスとして仕事をしていく場合にはクライアントとの打ち合わせを重ねて一緒にイメージを作っていくことも多いです。

 

インターネットが普及した現在でも印刷物が持つ役割は大きいですから、在宅資格を取得することで今後長く仕事にしていけるのも特徴と言えるでしょう。

 

DTPデザイナーの仕事の受け方と内容

在宅ワーク資格DTP2

DTPデザイナーの中でも自宅のパソコンを使って仕事をするのが在宅DTPデザイナーです。資格を取得したあとでそのまま自宅で仕事を始める人が多いですが、仕事を受ける際には
自分からクライアントを探すか、

 

インターネットでの発注を受けるか

 

のどちらかの方法を選ぶことが一般的です。

 

ただクライアントを自力で探すとなるとかなり大変で、特に知識と経験に乏しくコネクションもない駆け出しが一人で仕事をとってくるのはかなり困難です。そのため最近ではクラウドソーシングのようなサービスを利用してクライアントと打ち合わせを重ね、インターネットで納品するスタイルが在宅で働く人のメインの方法になってきています。

 

在宅の場合は打ち合わせから納品までありとあらゆることを自分で行わなくてはならないため、スケジュールを管理しつつデザインをしていくのが仕事になります。

 

在宅DTPデザイナーの収入と仕事量

在宅資格を取得したあとで在宅DTPデザイナーとして働き出した場合、最初のうちの収入はかなり少なくなるでしょう。特にインターネットで発注を受ける形になると100〜200万円ほどの年収水準に収まることがほとんどです。

 

経験を積んで継続的に発注をくれるクライアントが見つかると収入も上がってきて、実力があると認められた場合には300万円以上の収入が期待できるようになってきます。

 

仕事量に関しては人それぞれでどれくらい仕事を受けるかで変わってくるのですが、資格取得から在宅DTPデザイナーになってから生活ができるくらいまで仕事をするとなるとかなりの量を請け負わなくてはならなくなります。ただフリーランスであるわけですから自分の生活を考えつつ仕事量の増減が柔軟にできるのは魅力と言えるでしょう。

 

▼講座の詳細はこちら▼

在宅ワーク資格DTPボタン

 

>> 【稼げる資格ランキング】  TOP