行政書士はどれくらい稼げる?

行政書士 稼げる資格 儲かる資格

行政書士は行政手続きの専門家であることを証明する国家資格。個人や企業から依頼を受け、書類の作成・提出・手続きの代理など幅広い仕事をこなします。

 

街の法律家から役所手続きのスペシャリスト、企業のコンサルティング業務まで役割が広がる行政書士。取得できれば非常に大きな武器となるでしょう。

 

 

 

行政書士とはこんな資格!

行政書士とは

主に書類の作成・提出を代理

行政書士は依頼を受けて、一般には馴染みのない様々な書類の作成を代行します。顧客は個人だけでなく、企業・法人からも依頼があります。

 

独占業務がある

他人の依頼を受け報酬を得て、

  1. 官公署に提出する書類の作成
  2. 権利義務に関わる書類の作成
  3. 事実証明に関わる書類の作成

をするのは、行政書士だけが行うことができる独占業務です。

 

独立しやすい

試験に合格し行政書士登録をすれば、独立して行政書士事務所を開業することができます。多くの依頼を受けられる行政書士は、かなり高額な報酬を稼ぎ出します。

 

受験資格不要

法律を扱う『士業資格』でありながら、行政書士は誰でも受験することができます。学歴・年齢やキャリアに左右されないので、誰もが目指すことができる資格です。

 

行政書士の平均年収は?

行政書士 年収 給料 収入

 

行政書士の収入は、働く状況により大きく変わります。特に独立開業している行政書士ほど、収入の振れ幅が大きく変わります。

 

  • 独立開業した行政書士で300〜1000万円
  • 雇われの行政書士で300〜400万円

 

独立開業している場合は、その行政書士事務所の営業能力によって収入が変わります。簡単な話、流行っていれば大きく稼げますし、仕事の依頼が無いと儲かりません。

 

半面、行政書士事務所や税理士事務所で社員として働く行政書士は良くも悪くも安定しています。

 

主な就職先

 

行政書士は開業して独立するという流れが多いため、就業先の多くは自分の事務所です。

 

他の行政書士事務所に雇われて就職する場合もあります。この場合は『使用人行政書士』と呼ばれ、独立を見据えてノウハウを吸収することもできます。

 

普通の会社員として働く場合は

 

  • 建築会社
  • 不動産会社

 

など、日常的に書類作成や許認可が必要な会社で活躍しています。

 

募集状況によりますが

行政書士事務所は資格がなくても就職できる場合があります。中には行政書士としての実務的な修行やコネ作りのために身を置く人もいます。

 

行政書士の仕事内容は?

行政書士 仕事内容 稼ぐ

 

行政書士の仕事内容は非常に幅広く、様々な依頼が舞い込みます。

 

  • 官公庁に提出する書類の作成(許認可など)
  • 会社設立に関する手続きの進行(登記など)
  • 相続・遺言に関する相談
  • 内容証明の作成や公正証書の手続き
  • 自動車登録に関する相談(車庫証明など)
  • 各種書類提出の手続き代行
  • 契約書などの代理作成業務

 

行政書士が扱うことができる書類は数千種類以上あり、業務は年々広がっています。

 

代表的な仕事は会社設立手続きでしょう。定款や資料の準備・書類の作成や段取りは専門知識が必要で、行政書士のスキルが求められます。

 

行政書士はこんな人におすすめ

 

  • 人とコミュニケーションを取るのが好きな人
  • 事務作業が好きな人
  • 好奇心旺盛な人

 

行政書士は顧客と行政とのパイプ役。コンサルティングや相談業務も幅広くこなすことから、人と繋がりを大切にしたい人に向いています。

 

作業の多くは書類作成で、取り扱う種類も豊富。新しい知識を身に付けるのが好きな人や、事務作業をコツコツこなせる人も行政書士と相性が良いでしょう。

 

▼資格の勉強を始めたい方はコチラ▼

行政書士 稼げる資格 ボタン

 

行政書士の難易度は?

行政書士 難易度 合格率

 

国家資格である行政書士。幅広い法律の知識を求められるため、難しい部類に入ります。宅建やファイナンシャルプランナーより難易度は高く、しっかりした準備が必要です。

 

とはいえ最難関とされる司法書士・公認会計士・弁理士に比べると、難易度は1ランク落ちます。努力次第で合格のチャンスは十分にあります!

 

行政書士試験の概要

 

試験の方法 五肢択一・多肢択一・記述式による筆記試験
合格基準

総得点300点満点中180点以上
※科目ごとに最低ラインあり

試験日程 例年11月の第二日曜日(年1回)
試験会場 各都道府県の指定会場
申し込み方法 郵送またはインターネット
受験料 7,000円

 

行政書士試験全体で300点満点で、その60%にあたる180点を取れば合格となります。ただし、

 

  • 法令等科目が244点中122点以上
  • 一般知識等科目が56点中24点以上

 

という最低ラインが設けられています。不得意をつくらず、満遍なく得点できるよう準備を重ねましょう。

 

過去5年間の合格率は10%前後

 

年度

受験者数

合格者数

(合格率)

2016年

(H28年)

41,053人

4,084人

9.95%

2015年

(H27年)

44,366人

5,820人

13.12%

2014年

(H26年)

48,869人

4,043人

8.27%

2013年

(H25年)

55,436人

5,597人

10.10%

2012年

(H24年)

59,948人

5,508人

9.19%

 

行政書士の合格率は例年10%程度。年度によってバラつきがありますが、難易度が低かった年は合格率が高くなっています。

 

受験資格なし!子供からお年寄りまで挑戦可能

行政書士 受験資格

 

行政書士試験は、年齢や学歴といった受験資格の制限はありません。誰にでもチャンスがある資格で、受験者の年代も幅広いのが特徴です。

 

それを裏付けるのが2016年の合格者データ。

 

  • 最年長合格者…81歳
  • 最年少合格者…14歳

 

なんと中学生から高齢者の方まで幅広い合格者が出ています!

 

申込者だけで見ても、最年長なら92歳、最年少では驚きの10歳。チャレンジするのに年齢は関係ないことが行政書士の魅力でしょう。

 

合格までの平均勉強時間は?

行政書士 勉強時間 費用

 

行政書士の試験合格までの勉強時間は、

 

  • 独学なら800〜1000時間
  • 講座利用で500〜800時間

 

と言われています。法律を扱う資格だけに、勉強量も必然的に多くなります。効率よく勉強したとしても半年〜1年くらいは準備期間が必要になるでしょう。

 

効率よく学習を進めるなら

初心者の人は独学だとモチベーション維持が難しいです。資格の専門学校で土日や夜間に通ったり、カリキュラムがしっかり組まれた通信講座を利用するのがおすすめです。

 

講座ならどこから勉強すればよいかハッキリ分かるので、効率的に学習を進められますよ!

 

▼資格の勉強を始めたい方はコチラ▼

行政書士 稼げる資格 ボタン

 

>> 【稼げる資格ランキング】  TOP