日商簿記はどれくらい稼げる?

日商簿記 年収 稼げる

 

日商簿記はお金の流れを把握するためのもの。会計や財務、経理の基礎知識を示す資格です。

 

知名度も高く社会的にも評価されやすいので、多くの人が取得を目指す人気資格。実用性も高く、学んだ知識はあらゆる場面で活かせるでしょう。

 

 

日商簿記とはこんな資格!

日商簿記 とは どんな資格

 

会社のお金の流れが理解できる

簿記は『貸借対照表』と『損益計算書』という帳簿を作っていく作業。資産・負債・売上原価・純利益といった科目の意味が理解できるようになり、企業会計の基本を学ぶことができます。

 

認知度が高い

簿記はビジネス系の資格の中でもナンバーワンと言っていいほど有名な資格。そのため上位の級を持っていれば、どれだけ努力してきたかを評価してもらう指標にもなります。

 

受験資格の制限なし

年齢や学歴で制限されることがなく誰でも受験できます。試験の回数も多く、難易度も3級なら易しいので初めての資格には最適!学生の取得者も多いです。

 

簿記で狙える就職先は幅広い

日商簿記 就職先 仕事内容

 

世の中の会社は『営利企業』なので、もうけ(利益)を生むために日々仕事しています。簿記の資格はその収支状況を見るスキルなので、ほとんどの会社でその知識を活かすことができます。

 

一例を挙げれば、

 

  • 証券会社
  • 銀行・信用金庫
  • 不動産会社
  • ハウスメーカー
  • 建築会社・工務店
  • 情報通信業
  • 小売店・百貨店

 

など…あらゆる業界で活躍することができるでしょう。

 

どちらかと言えば就職後に配属される『部署』の方が重要で、簿記の知識をフル活用するなら経理・財務といったお金の流れを管理する部署が向いています。

 

年収はどれくらい稼いでる?

 

就職先の企業や勤続年数、役職によって年収は変わります。そのため『これくらいの金額』というのは人それぞれですが、一般企業であれば

 

平均350〜450万円

 

は手堅く稼げるでしょう。簿記2級・1級と上位の資格を取得すれば、さらに給料の良い会社へ就職する足がかりになります。

 

資格手当はもらえる?

会社によっては資格手当がつく場合もあります。毎月数千円の手当がついたり、合格一時金が支給されることもあります。

 

日商簿記はこんな人におすすめ!

日商簿記 おすすめ 女性

 

  • 就職に有利な資格が欲しい人
  • 会計学に興味がある人
  • 何の資格を取るべきか迷っている人

 

日商簿記は人事担当者から評価されやすい資格の一つ。実務レベルと言われる2級を持っていれば「ある程度企業会計をわかっているな」と判断してもらえるでしょう。

 

資格で稼ぎたいけどマニアックなものは苦手…という人にも簿記はおすすめ。迷ったら簿記を選んでおけば失敗はありません!

 

▼資格の勉強を始めたい方はコチラ▼

簿記 年収 稼げる資格ボタン

 

日商簿記の難易度は?

日商簿記 難易度 3級

 

日商簿記の資格には、3級・2級・1級があります。1級に近づくほど難易度も高まります。

 

  • 3級…比較的覚えやすく、難易度は高くありません。
  • 2級…試験範囲が広がるので、入念な準備が必要です。

 

日商簿記2級は、宅建士やFP2級くらいの難易度と言われています。最初はまず3級を取得し、即戦力の実務レベルになるなら2級を目指しましょう。

 

資格試験の概要

 

試験の形態

3級:商業簿記
2級:商業簿記、工業簿記

合格基準

70%以上

試験日程 例年2・6・11月の年3回
試験会場 全国各会場
申し込み方法 ネット又は電話で申込み登録し、申込書にて申請
受験料

3級:2,800円
2級:4,630円

 

試験は年3回実施されます。他の資格に比べて圧倒的に実施回数が多いのが簿記の特徴。

 

3級から2級に上がると、『工業簿記』という新しい分野が追加されます。

 

簿記検定の過去3回の合格率

 

簿記3級の合格率

年度

受験者数

合格者数

(合格率)

第147回

(2017.11.19)

88,970人

35,868人

40.31%

第146回

(2017.6.11)

80,025人

40,771人

50.95%

第145回

(2017.2.26)

80,832人

38,289人

47.37%

 

簿記2級の合格率

年度

受験者数

合格者数

(合格率)

第147回

(2017.11.19)

47,917人

10,171人

21.23%

第146回

(2017.6.11)

43,589人

20,706人

47.50%

第145回

(2017.2.26)

60,238人

15,075人

25.03%

 

3級なら約40〜45%程度、2級なら約20〜30%の合格率が平均のようです。

 

出題パターンがいくつかあり、簡単な回と難しい回があるようです。そのため、同じ級でも合格率が10%以上変わることがあります。

 

受験資格なし!学生・主婦にも人気の資格

日商簿記 受験資格 学生 主婦

 

日商簿記検定に受験資格はありません。誰でも制限なく受験できるので、

 

  • 初めて簿記を学ぶ人
  • 実務経験のない初心者
  • 高校生・大学生
  • 専業主婦・家事手伝い
  • 定年退職後

 

などあらゆる人にチャンスがあります。

 

3級でも履歴書に書くことができます。実務レベルには及びませんが、会計についてある程度の基礎知識があることを証明できます。

 

日商簿記検定合格までの平均勉強時間

 

日商簿記の勉強時間は、

 

  • 3級で約50〜70時間(2〜3ヶ月)
  • 2級で約150〜200時間(約半年)

 

くらいが目安と言われています。

 

3級で基礎を固め、2級へステップアップすれば効率的に学べるでしょう。しかし『工業簿記』という新しい分野の登場で覚えることが増えるため、じっくりとした学習が必要です。

 

最短・確実に合格を目指すなら

日商簿記 最短 合格 合格率

 

初めて簿記を学ぶ人はまず何から手を付けてよいか迷いがち。独学に限界を感じたらカリキュラムが組まれた講座を利用するのが最短ルートです。

 

例えば通信講座なら、

 

  • 3級なら1〜3ヶ月
  • 2級なら4〜6ヶ月

 

でカリキュラムが組まれています。

 

どこから始めればよいかのガイドが付き、過去問や注意すべきポイントも把握できます。一人で学ぶよりモチベーション維持もしやすいので、確実な合格を目指しましょう!

 

▼資格の勉強を始めたい方はコチラ▼

簿記 年収 稼げる資格ボタン

 

>> 【稼げる資格ランキング】  TOP