宅建士はどれくらい稼げる?

宅建 年収 稼げる

 

宅建士(宅地建物取引士)は、高給取りが多い不動産業界に必須の国家資格。

 

文字どおり不動産のやり取りに関わる資格です。宅建士にしかできない『独占業務』があることから、年間を通じてニーズの高い資格でもあります。

 

 

『宅建士』とはこんな資格!

宅建士とは 稼げる

 

宅建士しかできない仕事がある

宅建士は不動産売買の知識が少ないお客様のために、知っておくべき重要なポイントを説明して確認を取る仕事があります。この重要事項の説明・記名・押印は宅建士だけの独占業務です。

 

就職・転職で有利に

不動産業者は、『事務所1つに対し5人中1人は宅建所有者を設置しなくてはならない』という決まりごとがあります。そのため不動産業界での就職・転職にはとても高いニーズがあります。

 

働き方の幅が広がる

宅建士は建物の販売だけでなく、マンションや駐車場管理など様々なビジネスの足掛かりに。また建物の売買と関わりが深い金融業界や一般企業でもスペシャリストとして活躍の道があります。

 

宅建士の平均年収は?

宅建士 平均年収 月収

 

宅建士は企業に勤めるサラリーマンが多いため、年収は勤続年数や営業成績によってバラバラ。そのため平均年収は上下で幅がありますが、

 

500〜600万円ほどが平均相場

 

と言われています。特に不動産会社や銀行に勤務する人の年収は高くなる傾向があります。

 

月給ベースでは、働き盛りの30代で25万〜35万円。企業によって資格手当の支給もあり、月給が+αで1〜2万円アップすることもあります。

 

宅建士の仕事内容

 

宅建士の仕事は不動産取引のアドバイスや進行です。

 

  • 不動産売買の代理
  • 不動産賃貸の代理・仲介
  • 重要事項の説明
  • 重要事項説明書の作成・記名・押印
  • 契約に関する書面(37条書面)の作成・記名・押印

 

赤文字の部分は宅建士だけが行える『独占業務』、つまり宅建の資格を持っている人以外はできない仕事です。

 

不動産取引は高額な金額や権利が動くため、情報の行き違いでトラブルが起こりやすいです。そのトラブルを未然に防ぐために、買い主(または借り主)に重要事項の説明をする仕事です。

 

主な就職先

宅建士 仕事内容 就職先

不動産業界

■稼げる年収見込み:500〜700万円
宅建士の資格を最も活かせる就職先。営業職として最前線でお客様を担当するほか、内勤の営業事務として重要事項説明のときに活躍するという道もあります。

 

金融業界

■稼げる年収見込み:600〜800万円
銀行の仕事には、不動産担保と深い関わりのある業務があります。不動産の評価額算定、法律・条例の確認など高度な知識が必要となるので、宅建士の存在は必要不可欠。

 

小売・流通業界

■稼げる年収見込み:400〜500万円
販売員としてではなく、新規店舗の建設やテナント出店、市場調査などチェーン展開するときにその知識が活かされます。不動産業界に比べ宅建士の人材が非常に少ないため、重宝される存在。

 

自分自身のスキルアップにも

宅建士 転職 就職

 

宅建はすでに就職している人もメリットの多い資格。実際、銀行員でも働きながら取得を目指す人が多く、宅建士取得で手当を出している企業もあります。

 

不動産に関する知識は様々な業種で活かせます。家を買うときや、自身のスキルアップにも繋がるので持っていて損はない資格ですよ。

 

▼宅建士の資格を目指すなら!▼

宅建 稼げる資格 ボタン

 

宅建の難易度は?

宅建士 難易度 合格率

 

国家資格である宅建士。さぞ難関資格であろうイメージがありますが、ファイナンシャルプランナー(FP)や日商簿記2級よりもやや難しい程度。

 

司法試験や税理士、会計士といった難関試験に比べると取り組みやすい資格です。簡単な資格ではありませんが、決して取得不可能な資格でもありません。

 

宅建士資格試験の概要

試験の方法 50問・四肢択一式による筆記試験
合格基準 決まった点数は無く、例年31〜36点が合格ライン
試験日程 原則、毎年10月の第3日曜日の年1回実施
試験会場 各都道府県の指定の大学・専門学校・会場など
申し込み方法 郵送またはインターネット申込み
受験料 7,000円

 

宅建士試験に決まった合格点はありません。合格率を基準に、合格点を算出しているようです。

 

宅建の過去5年間の合格率

年度

受験者数

合格者数

(合格率)

2017年

209,354人

32,644人

15.6%

2016年

198,463人

30,589人

15.4%

2015年

194,926人

30,028人

15.4%

2014年

192,029人

33,670人

17.5%

2013年

186,304人

28,470人

15.3%

引用:一般財団法人不動産適性取引推進機構

 

合格率は例年、15%〜17%前後で推移しています。こう見ると難しそうに見えてしまいますが、それでも毎年3万人前後の合格者が誕生しています。

 

受験資格不要!主婦や学生の合格者も

宅建士 主婦 学生 合格率

 

宅建士の試験に、受験資格の制限は一切ありません。学歴・年齢・性別・職業に関わらず受験できるので、専業主婦、学生、定年退職後など幅広い世代の人が受験しています。

 

合格者の割合でも、

 

  • 学生の合格者が全体の11.5%
  • 主婦の合格者が全体の3.9%

 

となっています。

 

最多は不動産業者の34.4%ですが、業界関係者でなくても勉強次第で初心者でも取得できる資格だということがわかります。

 

資格取得までの平均勉強時間

宅建士 勉強時間 初心者

 

宅建士の資格取得までの勉強時間は、

 

  • 初心者なら300時間
  • 不動産業従事者なら200時間

 

が目安と言われています。

 

法律や専門知識が求められる資格だけに、片手間でパパっと取れる資格ではありません。しかし司法書士や会計士のように、何年もかけるほど難関資格でもありません。

 

仮に300時間勉強するとしたら
  • 1日1時間勉強なら約10か月
  • 1日2時間勉強なら約半年

 

を目安に学習を進めれば無理のないスケジュールが組めるでしょう。

 

独学で難しい場合は3〜6ヶ月でカリキュラムが組まれた通信講座もあります。社会人や学生でも、通勤・通学時間を利用すれば効率よく学習が進められます。

 

宅建士 稼げる 儲かる

 

取得するまでは努力が必要ですが、宅建士の需要は今後も高値安定すると見られます。あなたの年収をさらに稼ぐ、頼れる武器になってくれますよ!

 

▼宅建士の資格を目指すなら!▼

宅建 稼げる資格 ボタン2

 

>> 【稼げる資格ランキング】  TOP