TOEICでどれくらい稼げる?

TOEIC 年収 稼げる 儲かる

 

TOEICは英語のコミュニケーション能力を示すテスト。資格ではなく『スコア』で示されるもので、グローバル化に伴い注目度が高まっています。

 

TOEICの点数は人事評価や転職にも影響します。高給を得られる外資系企業でも重視されるので、稼ぎたい人は必見です!

 

 

TOEICとはこんなテスト!

TOEICとは

 

『聞く』『読む』を問われる

ビジネスシーンでのTOEICは『L&R』と呼ばれ、リスニング(聞く)とリーディング(読む)能力を問われます。話す・書く能力は問われません。

 

スコアで評価される

TOEICは聞き取り495点・読解495点の990満点で行われます。600点前後が一つの基準とされ、英検でいうと2級程度の英語力レベル。

 

仕事で使う英語が中心

TOEICで扱われるのは『仕事レベルの英語』です。実際にコミュニケーションを取れるレベルの英語力を点数化されるので、就職・転職時にアピールできれば大きな武器になります!

 

TOEICで年収アップは可能?

TOEIC 年収 稼げる

 

TOEICの点数が、直接年収アップに繋がるわけではありません。

 

しかし英語力を示すことによって、

 

  • 海外部門を任せられる
  • 重要な取引の場に同席できる
  • 海外事業に参加できる

 

など新しい業務を任せてもらえるようになります。責任ある仕事をこなすことで社内の評価も高まり、結果的に年収アップに繋がるでしょう。

 

実際、TOEICのスコアと年収は比例するという調査結果もあるようです。スコア700点以上の人は同年代より10〜70万円ほど年収が高かったというデータもあります。

 

TOEICが評価されやすい就職先

 

現在、国内の大手上場企業の7割はTOEICを評価基準に取り入れているといわれています。その中でも特に英語力が求められている業界は、

 

  • 外資系企業
  • 総合商社
  • 製薬会社
  • 物流会社
  • 海外に工場を持つメーカー

 

など。海外と頻繁にやり取りする企業では特に重視される傾向にあります。また外国人観光客の増加により、小売り業界や役場でも重視されているようです。

 

例えば

大手製薬会社の武田薬品工業は2013年より新卒採用の基準としてTOEIC730点以上を義務付けたというニュースがありました。

 

また通販大手の楽天市場は、社内公用語を英語にしたことも話題になりました。2015年時点では全社員の77%がTOEICスコア800点以上となったと発表しています。

 

英語はますます需要が高まる

TOEIC 需要

 

国際化は今後も続きます。まだまだ英語に苦手意識がある日本人にとって、英語を使いこなせることは大きなアドバンテージになります。高い給料を稼ぐ武器になってくれるでしょう。

 

リスニング・リーディングは日常生活でも役立ちます。英語に興味はあったけど…という人は、この機会にTOEICのスコアを測ってみてはいかがでしょうか?

 

▼スコア600点を目指すなら▼

 

TOEICの難易度は?

TOEIC 難易度 合格率

 

TOEICはスコアで表されるので、合格ラインがありません。そのため『どれくらい難しいか』を知るには、目指すスコアによって違いがあります。

 

  • スコア600点で英検2級レベル
  • スコア700点で英検準1級レベル
  • スコア800点で英検準1級〜1級の中間くらい

 

と言われています。

 

試験の概要

 

試験の方法

リスニング45分間・リーディング75分間、各100問。マークシート方式

合格基準

なし(5点刻みののスコア表示)

試験日程 年8回(1・3・5・6・7・9・10・11月)
試験会場 全国80都市
申し込み方法 インターネットまたはコンビニ端末申込み
受験料 6,615円

 

TOEICのテストはすべて英文のみで構成されます。英文和訳・和文英訳などの設問はありません。

 

最近5回の受験者の平均スコア

 

実施回

平均点

第226回

(2017.12)

587.2点

第225回

(2017.11)

577.0点

第224回

(2017.10)

589.1点

第223回

(2017.9)

577.1点

第222回

(2017.7)

581.2点

※参照:公開テスト平均スコア・スコア分布一覧

 

おおよそ580点前後が平均値となっています。履歴書に書くと有利とされるのは600点からと言われていますから、平均より高いスコアを狙う必要があります。

 

受験資格は不要

TOEICは受験資格の制限はありません。子どもからお年寄りまで誰でも受験でき、学生・社会人・主婦・休職中など職業問わず挑戦することができます。

 

どれくらい勉強すればいい?

TOEIC 勉強時間

 

TOEICの高いスコアを取るために必要な勉強時間は、

 

  • 600点なら400〜500時間
  • 700点なら600〜800時間
  • 800点なら1000時間以上

 

と言われています。かなり長く感じますが、元々の英語力が備わっている人は短い時間でも高スコアを取っているようです。

 

とはいえ、TOEICはそれだけ目指す価値のあるテストです。まずは実務レベルとされる600点を目指し、徐々にステップアップしていきましょう。

 

初めて英語に挑戦するなら

いきなり英文の問題から入っても挫折してしまいます。最初は専門のスクールや通信講座を利用するのが無難でしょう。

 

講座は点数別に目指すレベルが分かれています。モチベーションを維持しつつ英語力をアップさせましょう!

 

▼スコア600点を目指すなら▼

 

>> 【稼げる資格ランキング】  TOP