登録販売者はどれくらい稼げる?

登録販売者 稼げる 儲かる

 

登録販売者は薬の専門家。風邪薬や痛み止めなど一般医薬品の販売ができる資格です。

 

医薬品を扱えるとあって、ドラッグストアやスーパー・大型小売店など幅広い求人があります。景気の影響を受けない、安定して稼ぎ続けられる資格と言えるでしょう。

 

 

登録販売者とはこんな資格!

登録販売者 とは

医薬品の販売ができる

登録販売者がいれば、薬局などで販売されている医薬品(第一類・第二類・第三類)のうち第二類・第三類の販売が可能になります。人材不足の薬剤師に代わって薬が売れるのです。

 

誰でも受験できる

登録販売者は医薬品販売の経験が全くない人でも受験できます。薬剤師のように大学の医学部・薬学部を卒業していなければならない…など、受験資格による制限はありません。

 

実は新しい資格

登録販売者という資格ができたのは、2009年の薬事法が改正されたとき。そのため比較的新しく、有資格者もまだまだ足りていない状況。小売業界から高い需要があります。

 

登録販売者の平均年収は?

登録販売者 年収 給料 収入

 

登録販売者はほとんどの人が小売業界に勤めています。そのため稼いでいる給料は店舗内での役職や勤続年数、本部からの評価で決められます。

 

しかし人によって大きな差はないと言われ、

 

300〜400万円ほどが平均相場

 

とされています。正社員なら月給ベースで22〜27万円、パート・アルバイトなら時給800〜1000円程度。こちらは地域差が大きいようです。

 

これだけ見ると『思ったより稼げない』と見られがちですが、常に安定して仕事があることは評価のポイント。特に出店ラッシュのチェーン店なら一人でも多く抱えたい人材です。

 

登録販売者の仕事内容

 

登録販売者の仕事は、そのまま『店舗の仕事』とも言い換えられます。例えば薬局の場合なら、

 

  • 第二類・第三類医薬品の販売
  • お客様への薬の説明
  • 医薬品の管理
  • 品出し・補充
  • 売り場変更(棚替え)
  • レジ業務

 

など。薬のことだけでなく、いわゆる『普通の店員さん』の役割もこなします。

 

薬剤師との違いは、第一類医薬品を取り扱えないこと。例えば育毛剤のリアップ、痛み止めのロキソニンS、胃腸薬のガスター10S錠などは第一類医薬品のため取り扱いできません。

 

主な就職先

登録販売者 就職先 給料

薬局・ドラッグストア

登録販売者が最も求められる就職先です。特に薬剤師が常駐できない店舗では重宝されます。年間を通して求人の需要があります。

 

スーパーマーケット

医薬品販売のコーナーを設けている店舗で募集されています。精肉や生鮮の部門とは行き来しないことが多いようです。

 

このほかホームセンターやモール型店舗など、基本的に就職先は『小売業』です。就職先による給与の違いはあまり大きくありません。

 

こんな人におすすめの資格です

 

  • 身近な場所でコツコツ稼ぎたい人
  • 医薬品の知識を身につけたい人

 

『お金をたくさん稼ぐ』というのは難しい登録販売者ですが、『確実に稼ぎ続ける』のには向いています。薬局チェーンは全国で出店数が増えているので、働き口は多いでしょう。

 

医薬品の知識は実生活でも活きます。普段飲んでいる薬がどんなものか?登録販売者は、医薬品の勉強をすることで新たな発見もある実用的な資格です。

 

▼資格の勉強を始めたい方はコチラ▼

稼げる資格 登録販売者 ボタン

 

登録販売者の難易度は?

登録販売者 難易度 合格率

 

登録販売者は国家資格です。そのため難関資格…と思われがちですが、難易度は比較的低いです。

 

これは、同じく医薬品を取り扱う薬剤師と比べ

 

  • 取り扱いできる薬や成分の種類が少ない
  • 実務経験のない人でも合格者が出ている

 

ということからも推測できます。

 

登録販売者試験の概要

試験の方法 120問・四肢択一式または穴埋め問題による筆記試験
合格基準

全体の70%以上の得点で合格
(各章35〜40%以上得点していること)

試験日程 各都道府県ごとに年1回実施
試験会場 各都道府県の指定の大学・会場など
申し込み方法 願書を入手し郵送
受験料 都道府県により異なる

 

登録販売者試験は全国統一ではなく、都道府県ごとに行われています。そのため試験内容や日程、受験料は各都道府県によって違います。

 

合格基準は全体の70%以上正解ですが、内容は5つの章に分かれています。1項目でも正解率が35〜40%を下回ると不合格となります。

 

登録販売者の合格率

年度

受験者数

合格者数

(合格率)

2017年

※未発表

-----人

(---

2016年

53,346人

23,321人

43.7%

2015年

49,864人

22,901人

45.9%

2014年

31,362人

13,627人

43.5%

2013年

28,527人

13,381人

46.9%

 

全体での合格率は例年40〜45%で、受験者の約半分が合格している計算になります。また年を追うごとに受験者数が増加しているのも目につきます。

 

ちなみにこの合格率も各都道府県によってバラつきがあります。例えば2016年の例で見ると、

 

  • 東京都…32.41%
  • 愛知県…55.18%
  • 大阪府…49.73%

 

のように、10ポイント以上の差が出ることもあります。

 

受験資格なし!主婦や初心者でも受けられる

登録販売者 受験資格 初心者 主婦

 

登録販売者は、受験資格の制限はありません。そのため薬局で働く社会人だけでなく、学生や主婦でも受験することができます。

 

  • ドラッグストアで働いたことがない
  • 医薬品の知識が全くない

 

という人でも勉強次第で取得可能です!

 

男女比はほぼ半々とされています。就職だけでなくパート・アルバイトにも有利になる資格だけに持っていて損はない資格でしょう。

 

資格取得までの平均勉強時間

登録販売者 勉強時間 いくら稼げる

 

登録販売者の資格取得までの勉強時間は、

 

  • 初心者なら150〜200時間
  • 薬局従事者なら100〜150時間

 

が目安と言われています。

 

登録販売者の試験には、普段聞きなれない薬品名・漢方名などが出題されます。覚える量が多いため暗記力が必要となりますが、その分早い人では短期間で合格を勝ち取った人もいます。

 

【例】150時間勉強するとしたら
  • 1日1時間勉強なら5ヶ月間
  • 1日2時間勉強なら約2ヶ月半

 

を目安に学習を進めれば無理なく学べるでしょう。

 

スケジュールを組むのが苦手な人は通信講座を利用するのがおすすめです。3〜6ヶ月程度の短期集中カリキュラムが組まれているので、広い試験範囲も効率よく覚えることができますよ。

 

▼資格の勉強を始めたい方はコチラ▼

稼げる資格 登録販売者 ボタン

 

>> 【稼げる資格ランキング】  TOP