通関士はどれくらい稼げる?

稼げる資格通関士1

 

貿易業界では貿易検定など様々な民間資格がありますが、通関士は唯一の国家資格。

 

貿易業界の行政書士とも言われ、輸出入を行う企業にとって欠かせない存在。国際的な物流を担える貴重な人材であることを証明する資格です。

 

 

通関士はこんな資格!

通関士 稼げる 儲かる

国際物流の手続きを行う

海外からの輸入・輸出の際に必ず通過しなければならない税関。通関士は、その税関での手続きをする仕事です。必要な書類を準備したり、税関とのやり取りを代行します。

 

活躍のフィールドが広い

運送業界だけでなく、プライベートブランドを持つ小売業や総合商社など様々なフィールドで活躍できます。独立は難しいといわれていますが、個人輸入でも知識が活かせます。

 

受験資格は不要

税関や海外業者とのやり取り…と聞くと敷居が高いイメージがありますが、実は通関士試験に受験資格はありません。就職・転職に役立つため学生での受験者も一定数います。

 

通関士の平均年収は?

通関士 給料 年収 収入

 

通関士は基本的に『通関業者』に所属して活躍しています。つまりサラリーマンなので、年収は企業の規模や役職、勤続年数によって変わります。

 

おおよその平均では、

 

500〜600万円ほどが相場

 

とされているようです。月給では30〜35万円が平均のようです。企業によっては資格手当として、月に1〜2万円の手当が支給されることもあります。

 

通関士は士業資格ですが、会計士や税理士のように独立向きの資格ではありません。開業してガッツリ稼ぐのには向きませんが、安定して高給を稼ぎ続けられる資格でしょう。

 

通関士の仕事内容

 

通関士の仕事は専門性が高いものが多いですが、その多くは税関とのやり取りです。

 

  • 税関への申告書類の作成
  • 通関に関する書類の審査
  • 税関への申告の代行
  • 取引所の内容チェック
  • 輸出入の物品の分類
  • 輸入品の納税額の算出

 

例えば輸入の場合、荷物が日本に届いたらまず『税関』を通さなければいけません。そこでは様々な手続きが必要になりますが、輸出入者に代わって諸手続きを行うのが通関士の仕事です。

 

通関士の仕事は海外とのやり取りになるため、ある程度の英語力が必要になります。とは言えほとんど決まった単語なので高度な英語力は必要ありません。

 

主な就職先

通関士 就職先 仕事

 

通関士は通関業者に属していることが多く、国際物流業者に就職して活躍しています。

 

一例としては、

 

  • 海運会社
  • 倉庫会社
  • 海外に工場のあるメーカー
  • 買い付け・輸出を行う総合商社

 

といった企業のが挙げられます。他にも海外とやり取りする企業では需要が高く、グローバル化の流れとともに人気も高まっています。

 

初めは通関士として入社していなくても、入社後に働きながら資格をとり、通関士として活躍する方もいます。自身のキャリアアップにはもってこいの資格と言えます。

 

通関士はこんな人におすすめ

 

  • 事務作業が好きな人
  • 国際的な仕事に興味がある人

 

通関士はグローバルに活躍!…という華々しいイメージがありますが、実際は事務手続きや計算など地味な作業の一面も。一つ一つの案件をコツコツ確実にこなせる人が向いています。

 

通関士は忙しい業務ですが、その分やりがいもたくさんあります。男性でも女性でも、性別関係なく活躍できる資格と言えるでしょう。

 

▼通関士を目指すなら!▼

通関士 稼げる資格 ボタン

 

通関士の難易度。どれくらい難しい?

通関士 難易度 合格率

 

専門性が高く『スペシャリスト』と呼ぶにふさわしい通関士。

 

その資格試験の難易度は高めの部類に入ります。行政書士や税理士ほどではありませんが、しっかり準備して試験を迎えるべきでしょう。

 

通関士試験の概要

 

試験の方法 選択式、択一式、計算式のマークシート方式
合格基準

各科目で満点の60%以上

試験日程 年1回(平成29年は10月1日に実施)
試験会場 全国主要都市
申し込み方法 各地域の税関に願書を郵送
受験料 3,000円

 

通関士は国家資格となり毎年試験日は一回、10月ごろです。

 

出題科目は

 

  1. 通関業法
  2. 他関税外国貿易法
  3. 通関書類の作成要領その他通関手続の実務

 

の3つ。それぞれの科目で60%以上の正解率で合格となります。

 

過去の合格率は?

 

年度

受験者数

合格者数

(合格率)

2016年

6,997人

688人

9.8%

2015年

7,578人

764人

10.1%

2014年

7,692人

1,013人

13.2%

2013年

8,734人

1,012人

11.7%

2012年

8,972人

769人

8.6%

 

合格率は、毎年平均して10%前後。年によって難易度にばらつきがあり、比較的簡単な年は合格率が上がります。

 

受験資格は無し。挑む価値あり!

通関士 受験資格 初心者

 

通関士は学歴・年齢・経歴・国籍といった受験資格の制限は一切ありません。誰でも挑戦することができるので、

 

  • ステップアップを目指す人
  • 転職の切り札に取得したい人
  • 資格を武器にしたい学生

 

にとっては挑む価値はあります。会社員・OLで働きながら勉強する人が多いのも特徴です。

 

10人に1人しか合格できない狭き門ですが、合格者の定員は決まっていません。しっかり勉強して臨めば、チャンスは十分あります!

 

合格までの勉強時間の目安

 

通関士の資格取得までの勉強時間は、

 

  • 初心者なら350〜450時間
  • 通関業務経験者なら200〜300時間

 

ほどと言われています。専門知識が問われる出題内容なので、じっくりと基礎を身につける時間が必要です。

 

ただ、通関士は宅建など他の資格と比べると試験範囲が狭いです。記述式の問題が出ないので、暗記で対応できる部分もあります。

 

確実な合格を目指すなら

通関士 講座 通信

 

独学で勉強する方も多いと思いますが、しっかりと勉強するなら専門の講座を利用して基礎から学んだ方が合格率が上がります。

 

通勤・通学の時間に勉強できる通信講座でも、およそ6ヶ月〜9ヶ月のカリキュラムで範囲を網羅できます。ご自身の都合に合わせて選ぶとよいでしょう。

 

▼通関士を目指すなら!▼

通関士 稼げる資格 ボタン

 

>> 【稼げる資格ランキング】  TOP