女性が稼げる資格@
医療事務

稼げる資格医療事務

医療事務の基本データ

平均月収

約17〜30万円

平均年収

約250〜450万円

難易度

評価3(標準)

 

病院で働く医療事務の仕事は、都会だけでなく地方でも多くの求人があるので女性にとって人気職種の1つです。医療事務は大病院だけでなく、

 

  • 個人開業の小児科
  • 歯科やクリニック

 

でも採用しているので、家の近くで仕事を探すことが可能です。またサービス業と違い土日が休みなので、家族の休みに合わせやいというメリットもあります。

 

医療事務の中にも、診療報酬請求事務能力認定試験という稼げる資格があります。医療費の増大に伴い、診療報酬事務を行うスタッフの採用が増えています。

 

医療事務のココがおすすめ!
  • 受験資格はなく、通信講座受講で比較的簡単に合格することができる。
  • 通年で需要の高い資格なので、産後や子育て後の仕事復帰にも役立つ。

 

『稼ぐ』という意味での給料は特別高くありませんが、安定して働くことができるのが魅力です。

 

▼講座の無料資料請求はこちら▼

稼げる資格医療事務ボタン

 

女性が稼げる資格A
宅建士

稼げる資格通関士

宅建士の基本データ

平均月収

25〜35万円

平均年収

450〜600万円

難易度

評価4(やや難しい)

 

宅建士(宅地建物取引士)は、不動産取引の際に顧客に伝えるべき大切なポイントを説明する仕事です。宅建士だけが担うことができる『独占業務』があり、

 

  • 重要事項の説明
  • 重要事項説明書の作成・記名・押印
  • 契約に関する書面(37条書面)の作成・記名・押印

 

は宅建士以外できません。そのため責任も大きいですが、やりがいも給料も大きい資格です。

 

不動産業界だけでなく金融業界、小売業界など活躍のフィールドは幅広くあります。営業としてバリバリ働きたい人にとっては非常に役立つ資格でしょう。

 

宅建士のココがおすすめ!
  • 受験資格はなく、国家資格の中では取りやすい。主婦・学生の合格者も一定数いる。
  • 様々な業界で需要のある資格なので、ステップアップにつなげられる。

 

合格率は15%前後と高くはありませんが、毎年3万人程度の合格者が出ている人気資格でもあります。持っていれば大きな武器になるでしょう。

 

▼講座の無料資料請求はこちら▼

稼げる資格 女性 宅建

 

女性が稼げる資格B
行政書士

稼げる資格行政書士

行政書士の基本データ

平均月収

25〜40万円

平均年収

450〜650万円

難易度

評価5(難しい)

 

行政書士は企業の法務部門や法律事務所で働く以外にも、個人で独立開業できるので、女性が稼げる資格として定着しています。

 

行政書士の仕事は、パソコンとプリンターがあればどこでもできる為、在宅で仕事をすることもできます。主な業務は

 

  • 顧客の官公書類の作成・提出代行
  • コンサルティング業務

 

などで、在宅での仕事は小さい子どもを持つ女性におすすめ。メジャーな資格なので通信講座の種類も豊富で、10万円未満の講座も多数あります。

 

行政書士のココがおすすめ!
  • 法律系資格の中でも、司法書士や弁護士に比べ難易度が低い。
  • 法律初心者の女性でも頑張り次第で取得できる。

 

行政書士の資格試験は、近年思考力を問うような複雑な問題が増える傾向にあります。国家資格なので合格すれば生涯有効で、転職や就職の際にも有利になるでしょう。

 

▼講座の無料資料請求はこちら▼

稼げる資格行政書士ボタン

 

>> 【稼げる資格ランキング】  TOP